TOP

夜の風俗の体験談を語ります

たまにはエステで違う感じに

いつもノーマルのデリヘルだと飽きてきてしまうので、最近はエステ系を挟んで遊んでるんです。ライト系のエステデリヘルは可愛い子も集まってきやすいみたいなので、ルックス重視の時は良いですよ。僕もどちらかというと見た目を優先したいので、ライト系の店をあえて利用する事もあります。最近のオキニはお嬢様系清楚美人のMちゃん。お嬢様っぽいのに風俗で働いているというところが興奮するんですよね。スタイルが良くて形の良いおっぱいが服の上からでも良く分かるんです。それを見ているだけで息子は大きくなれるくらいです。マッサージはというと、普通のマッサージもかなり上手いんですよ。下のマッサージも同じくかなりのテクニシャンです。見た目は清純派なのにテクがあるっていうのはそそられますね。エステデリヘルでは嬢にお触り出来ないのがネックですが、それはそれでいいと思うんです。触れるだけだったら飽きてくると思うので、嬢の攻めに任せるのも良いと思いますよ。


宮崎 風俗

1番目希望だったけど・・・2番目で良かった!

本日入店の子がいるとの情報を得たので馴染みの店にすぐに電話。ところが既に一人目の予約が入っちゃってるということで残念ながら2番目となってしまいました。残念だなーと思っていたんですが結果的にこれが良い方向に。2時間ほど待ってやってきた女の子はまだ二十歳になったばかりという若い女の子。流行のショートボブに少し明るめの茶髪がよく似合っています。で、さっそくキスをするとすぐに目がトローンと。下の方をいじるとなんとたっぷりと濡れちゃってるじゃありませんか。どうやら一人目の御仁がなかなかのテクニシャンだったようでその余韻が残っていたようです。これは話が早いと思いシャワーも浴びずにさっさとベッドへ移動。胸もそこそこにアソコをくぱぁしてみるともう大洪水です。しかも臭いナシ!こりゃたまらんと思いジュルジュルベロベロとナメまくってしまいました。女の子もヨガりながら何度もイッてくれましたし短い時間ながらなかなか満足度の高いプレイができました。2番目でラッキーでしたね!


大阪 チャットレディ

埼玉・大宮のセクキャバ文化

セクキャバと聞くと埼玉や千葉を思い出してしまうのは自分だけでしょうか。というのも、『セクキャバ』は「セクシーキャバクラ」の略というのはイメージできても、実際に何をするのかという部分ではイメージが沸きづらいものです。『おっパブ』というものもありますが、これは「おっぱいパブ」の略です。何が言いたいのかというと、どちらも意味はさほど違いはないということです。ですので、基本的におっぱいを触ったり舐めたり出来るサービスタイムが存在しているわけです。俗称的には『おっぱいパブ』でしょうが、風俗ジャンル業種でいうと『セクシーキャバクラ』であり同義です。『ランジェリーパブ(ランパブ)』というものもありますが、こちらは女性キャストが下着姿なだけでキャバクラと違いはありません。さて、なぜこのような様々なキャバクラ系ジャンルが多く存在しているかといえば、それは土地柄が関係しているのかもしれません。首都圏のお膝元である埼玉・千葉は全国的に考えても人口は多いです。神奈川などとは違い東京都の距離に比べ都市感にはギャップがあり、それほど東京色も強くはありません。すると、膨れ上がる人口密度に比例するかのように、職業としてお水・風俗業の需要が増している状況が影響したと考えられます。やや地方感のある地域では、不良・ヤンキー上がりの女性も多いものです。そんな女性達が生活をする為には、お給料の割が良い夜の仕事に勤めることも一般的です。人気職業にキャバ嬢がランクインする時代でしょうからなおさらです。すると、「キャバ」「ランパブ」「セクキャバ」「風俗」というジャンルやグレードが見えてきてしまうものです。キャバクラ<ランパブ<セクキャバ<風俗という順番でお給料が少ないでしょうから、お金への執着が強いナイトワーク業では風俗業よりでも人気・需要があるのでしょう。その流れを汲んで考えると、風俗ではないけど風俗店色の弱いセクキャバまでなら働けるという女性が多いだろうと考えられます。それが埼玉・大宮でセクキャバが多く繁栄している理由と考えられるでしょう。


大宮 セクキャバ

新着記事一覧

新着記事を一覧でご紹介いたします。

他にもカテゴリーから記事をお探しください。